カフェ店長エッセイ

【カフェ店長エッセイ】その49:シフトを作れなくなっていく…

新卒で入社した企業で務めた、カフェチェーンの雇われ店長。当時の諸々を、フィクションを交えて描くエッセイ漫画です。PN「ぶちねこなみ」を使っています。

上司が替わってから辞めるまでの日々、その④です。その①はこちら



飲食店店長あるある、慢性的な人手不足に苦しんだ話です。
うーん、酷いこと言われてました当時の私…。あなた会社潰したいの?とか(^_^;)

SVは私をいじめるつもりはなかったのですが、目をつけて特に厳しくしていたような気はします。
「この頼りない新人を私がしっかり育てなきゃ」といったところでしょうか。「昔はもっと激務だった」と言っていました。それは事実なのでしょうが、私には無理でした。それでも彼女に心を折られるまでは、それなりの志を持って働いていたのですが…。

しかし睡眠不足はやばいですね。