カフェ店長エッセイ

【カフェ店長エッセイ】その44:東日本大震災⑤(終)

新卒で入社した企業で務めた、カフェチェーンの雇われ店長。当時の諸々を、フィクションを交えて描くエッセイ漫画です。PN「ぶちねこなみ」を使っています。

震災の話その⑤です。その①はこちら



震災のあとは、諸々の影響によるスーパー人手不足で本当に大変でした…。
とはいえ誰も責められません。津波の大被害に加え、まさかの原発爆発。国外も巻き込んだ大混乱でしたね。

自分とは比べ物にならないほど苦しんでいる人が本当にたくさんいて。私程度の大変さで、軽々しく弱音を吐くことはできませんでした。

そんな中で、いつも以上に人の優しさが身に沁みた、忘れられない出来事でした。

カフェで被災した話は終わりです。次回は震災に関連するオマケ話です↓