カフェ店長エッセイ

【カフェ店長エッセイ】その35:備品管理の話

新卒で入社した企業で務めた、カフェチェーンの雇われ店長。当時の諸々を、フィクションを交えて描くエッセイ漫画です。PN「ぶちねこなみ」を使っています。

店長業務の話です。



私は要領が悪く、棚卸しがとても苦手でした。忙しい日は必ず終電を逃してやっていました(^^;)

子供のころから技術が超苦手だった私…。修理は本当に憂鬱な仕事でした。たびたび感電していましたね。笑。

そのお陰でだいぶ鍛えられまして!以前は「自分は触るだけでコピー機を壊す」と思っている人種でしたが、今は機器の不具合に対し抵抗なくドライバーで立ち向かえます。