カフェ店長エッセイ

【カフェ店長エッセイ】その26:偉い人、襲来

新卒で入社した企業で務めた、カフェチェーンの雇われ店長。当時の諸々を、フィクションを交えて描くエッセイ漫画です。PN「ぶちねこなみ」を使っています。

たまたま店舗に来ていた本社の偉い人の話です。



上げてから落とすの、酷い(;_;)

私、本当にメガネ似合わないんですよね…。でも視力がすっごく悪いので、視力矯正しないと日常生活もままなりません。

当時はたまに、コンタクトをはずすの忘れて気絶するように寝てしまい、翌朝目が痛くてアイメイクもできずコンタクトもできず出勤…という日があったんですよね。運悪くその日に来られてしまったのです!

次の話は、上記の後日談です。